マンション・土地・不動産売却にかかる税金

不動産を売却するときにはどれくらいの税金がかかるのか?不動産を通して計算してみましょう。 - マンション・土地・不動産売却にかかる税金

新着情報

▶2016/10/13
マンション・土地・不動産売却にかかる税金の情報を更新しました。
▶2016/10/13
不動産売却の税金の影響についての情報を更新しました。
▶2016/10/13
不動産売却の際の税率についての情報を更新しました。
▶2016/10/13
不動産売却の際の税金控除特例についての情報を更新しました。
▶2016/10/07
当サイト更新担当者の情報を更新しました。

マンション・土地・不動産売却にかかる税金

昨今、個人で資産運用をするのは当たり前になってきていますね。
特に、その中でも大きな資産を動かす事で資金を増やしていくという事は、老後や脱サラ後のあり方として一番選択されることが多いものになっています。
その中でも、特に人気なのは土地や不動産などを売却するという不動産関係などの売買ですね。

土地の売却には税金がかかる

固定資産税、という言葉は恐らく聞いたことがあると思いますが土地や不動産というのはそれを所持しているだけで税金がかかるように、土地の売却にも所得とは別の税金がかかるようになっているんですね。
それは、土地の売却をする際に査定した金額とは別の扱いになっており、納税するものを別として数えなくてはいけないんですね。
そして、土地や建物を売却する際のことを譲渡所得というのですがこの際にかかる税金は、他の所得とは別の区分で計算されるようになっているのです。
また、税率は長期譲渡所得と短期譲渡所得によって税率が変わって来るので、自分が不動産を売却する際ににはどちらに該当するのかということを予め調査する必要があります。
不動産売却をする際の税金は、分離課税と言う制度があって給与の所得とは少し扱いが違い、他の所得と区分して計算することになってはいるのですが、確定申告の際の手続きでは他の所得と同じで計算をすることになるんですね。
また、売却した不動産の所有期間が売却した都市の1月1日現在げ、5年を超過するかしないか、という事で先ほど言った長期譲渡所得、短期譲渡所得に分けられるので注意しましょう。
また、分離課税の譲渡所得は、課税対象が不動産意外にも借地権や耕作権などと言った、土地の上にあるものに対しての権利も含んでいるほか、国内でなく海外の不動産も含んでいます。

算出される不動産の税金計算

thtrsまず、課税の対象になる譲渡所得の金額と言うのは税金の算出方法が決まっています。
その、課税譲渡所得金額はまず譲渡価格から所得費と譲渡費用を足した額を引きます。
そして、そこから更に不動産売却のさいの特別控除額を引きます。
最終的にその計算で算出された額が不動産売却をして得た所得にかかる課税になる、ということなんですね。
この、課税計算でもしも損失が出てしまう場合ですが不動産の譲渡における所得以外の所得と、損益通算をする事は出来ないので気をつけましょう。
しかし、それが対象がマイホームになる場合は損失が控除対象になるという特例がありますので、不動産の中でも住居だけは課税に関して特例が発生することもあるのだと覚えておくといいでしょう。
そして、課税譲渡所得金額が判明したら後はそこに対して固定の税率をかけることで実際に支払う税額を計算するようになります。
税率は、先ほども説明したとおり譲渡所得対象の不動産が長期譲渡所得なのか、短期譲渡所得なのかによって変わってきます。
また、それぞれ所得税と住民税もかかってきますのでその点についても気をつけるようにしましょう。

不動を売買する際の税金

以上のように、不動産売買をする際の税金の計算は結構たいへんです。
特に、控除対象や税率対象がどこにあてはまるのかということを自分でちゃんと理解して計算しないと、正しい税金額を調べる事が出来ません。
なので、不動産売却をする際には個人で行うよりも不動産会社などを通すことで税金なども計算してもらった方が、後々で税金の支払いがわかりやすくなるでしょう。
土地売買の一括見積もりなら土地売却査定君にお任せ!
http://www.bellecora.com/

Copyright(C)2016 マンション・土地・不動産売却にかかる税金 All Rights Reserved.